子宮筋腫は、子宮の筋層の中にできた「筋腫の芽」が女性ホルモンの影響で大きくなった良性の腫瘍で、ガンではありません。
20代~50代の女性の4人に1人に筋腫があるといわれるほど一般的な病気です。
自覚症状が少ない人もいますが、できる場所や大きさによってはつらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。

まだ十分に解明されていませんが、女性ホルモンの一種・エストロゲンの影響であることが知られています。
初潮が早まり、出産回数が減った現在、エストロゲンの分泌期間が長くなり、筋腫の発生誘因は増えているといわれています。

筋腫ができる部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜(しょうまく)下筋腫、頸部筋腫の4つに分けられます。

  • 粘膜下筋腫(右図オレンジ色部分)
    子宮内膜の下にでき、こぶが子宮腔に飛び出して発達します。膣へ飛び出したり、茎ができてぶら下がるものもあります。月経痛がひどくなるなどの症状が起こります。
  • 筋層内筋腫(右図青色部分)
    子宮筋層の中にでき、最も発生頻度が高い筋腫。大きくなると生理の出血量過多や生理痛がひどくなるなどの症状が現れます。
  • 漿膜下筋腫(右図赤色部分)
    子宮の外側に飛び出すタイプです。お腹の中はスペースが広いため自覚症状が起こりにくい筋腫です。茎ができるものもあります。
  • 頸部筋腫(右図緑色部分)
    宮の膣への出口付近にこぶができる筋腫。出口は狭いため、生理痛の原因になる場合もあり、前方を圧迫すると頻尿になります。

 

周囲が圧迫されることによる腰痛や頻尿のほか、最も多いものが過多月経で、頻繁にナプキンを取り替えないと間に合わない、血の固まりがたくさん出たり、そのため貧血をおこし、めまいやだるさ、動悸(心臓がドキドキする)といった症状がみられます。

子宮筋腫は自覚症状がない人も多く、症状やその程度は人によってもさまざまです。
年に一度は、専門医で定期検診を受けましょう。

  • 過多月経 … ナプキンの交換が頻繁で、レバーのような血の塊がでる
  • 貧血 … 鉄欠乏性貧血で、動悸、息切れ、めまい、疲れが起こる
  • 月経痛 … 子宮内部が圧迫され、ひどい月経痛が起こる
  • 下腹部痛・腰痛 … 骨盤神経が圧迫され下腹部痛や腰痛が起こる
  • 頻尿 … 膀胱圧迫による頻尿
  • 便秘・腰痛 … 直腸圧迫による便秘や腰痛、足のしびれ

 

子宮新種の検査方法は、問診後それぞれの症状によっておもに次のような検査を行います。

1. 外診 下腹部にこぶや炎症がないかなどを確認します。
2. 内診 腟内とお腹の上に手をあて、子宮の大きさや形、表面の状態や硬さなどを調べます。また筋腫がある場合は、周囲との癒着を起こしていないかを調べます。
3. 超音波検査(エコー) 超音波を出す「(プローブ:探査子」という器具をおなかの表面にあてて、子宮や卵巣などの内臓にあたってはね返ってきた音波をモニターで画像として映し出します。また、経腟エコーといって、細く長いプローブを腟の中に入れて、中から超音波をあてて見ることもあります。
4. CT検査・MRI検査 まずCTで身体の断層の写真を撮り、必要に応じてMRIで検査します。筋腫の種類や大きさ、腫瘤の中の状態が詳しく分かります。
5. 細胞診 腟鏡診の時に綿棒で子宮頸部の表面をこすって細胞を取り、がんの心配がないかも併せて調べます。診察はすぐに終わり、痛みはありません。
6. 血液検査 ホルモンのバランスや貧血の有無を調べます。これにより異常があれば、精密検査を受けます。
  

 

子宮筋腫は良性の腫瘍ですから、特に症状がない場合は定期的な検診や経過を観察していきます。
しかし症状があり治療が必要と診断された場合は、治療をすることになります。治療法は、症状の強さやライフスタイルによって異なります。

手術には、筋腫のみをくりぬく「核出手術」と、子宮全体をとる「子宮全摘手術」があります。
強さやライフスタイルによって異なります。

  • 核出手術
    腹腔鏡下手術 … 腹腔鏡で行う核出手術
    子宮鏡手術(経膣的手術) … 子宮鏡で行う粘膜下筋腫の核出手術
    子宮筋腫核出術 … 開腹手術で子宮筋腫のみ取り出すもの
  • 全摘手術
    子宮摘出術(腹式、膣式) … 手術により子宮を取り出す
  • 症状に対しては
    痛みを鎮めるためにも鎮痛剤、大量の月経で貧血を起こしている場合は貧血の治療薬などが使用されます。
  • 筋腫の縮小に対しては
    漢方療法などもありますが、主にはGnRHアゴニストという女性ホルモンの分泌を抑えて筋腫を小さくする薬が使われます。
    副作用もあるのであまり長期間はできません。更年期に近い人や手術前の治療法としてよく使われています。

動脈内カテーテルで子宮動脈だけを詰め、筋腫を縮小させる治療です。

MRIで病巣を撮影しながら、200個以上の発生源から超音波を一点集中させ患部を焼灼する新しい治療法です。

子宮筋腫の治療が必要になったときは

専門医と積極的に話し合い、「なぜこの治療法なのか、治療後はどうなるのか」などをよく理解して、納得して受けましょう。また経過観察中は3~6ヶ月ごとに受診し、定期的に画像診断(エコーなど)を受けるようにしましょう。月経血の増加やおりものの異常などの症状が出てきたら、すぐに受診しましょう。貧血を防ぐために、食生活で鉄分補給を心がけましょう。鉄はレバーや赤身の魚、肉類、緑黄色野菜に多く含まれています。月経痛、腰痛には鎮静剤を用いますが、月経以外のときでも必要になってきた場合は、すぐに受診しましょう。