会津子宮筋腫治療センター

会津子宮筋腫治療センター

「体を傷つけたくない」「仕事を長く休めない」そんな貴方へ

治療法に悩んでいらっしゃいませんか?
会津子宮筋腫治療センターは、国内でできる全ての子宮筋腫治療が可能なセンターです。
生活スタイルや、「体を傷つけたくない」「仕事を長く休めない」など、貴方の希望を専門医とじっくり相談し、治療方法を決めていきます。また、症状の強さと併せ、婦人科専門医と放射線科専門医が連携して治療方針を計画していきます。
貴方にあった治療方法で治療をしていきます。
まずは、当センターへお問い合わせくださいませ。【お問い合わせはこちら】

腹腔鏡下手術

開腹手術に比べて傷が小さく目立たない、痛みが少ない、入院日数が短いなどのメリットがあります。
当院の腹腔鏡下手術は、経験豊富な専門医が行います。子宮筋腫の種類によっては適応外という場合もありますが、腹腔鏡下手術は、社会復帰がはやいなどのメリットがあります。

子宮鏡下手術

子宮鏡下手術では、膣から子宮内へカメラを入れてモニターを見ながら子宮内の操作をおこないます。 子宮腔に突出している粘膜下筋腫などが対象になります。

筋腫核出術

子宮を温存することを目的に筋腫のみを摘出します。筋腫の直径が10cm大以上の巨大なもの、 腹腔鏡での摘出が困難なもの、あるいは筋腫に癒着が見られる場合などには開腹術による筋腫核出術が用いられます。

子宮全摘術

開腹術により子宮を体部、頚部も含めてすべて摘出する方法です。多発性や大きな筋腫でも安全に摘出でき、 また、核出術と比較して出血のリスクが低いなどのメリットがあります。

UAE(子宮動脈塞栓術)

筋腫への血流を遮断し、筋腫を壊死に陥らせることで筋腫を縮小させる治療法です。 子宮を温存できるだけでなく、外科的手術に比べて身体の回復が早く、傷も目立たないなどのメリットが挙げられます。

FUS(集束超音波治療)

1本1本の微弱な超音波を束にして一点集中させ、腫瘍細胞のみを焼灼する方法です。体に傷をつけず、日帰りでの治療も可能です。
また薬物療法で懸念される副作用はほとんど心配ありません。

子宮筋腫治療の比較

子宮筋腫治療の比較 

腹腔鏡下手術子宮鏡下手術開腹筋腫核出術開腹子宮全摘手術UAE(子宮動脈塞栓術)FUS(集束超音波治療)
適応大きすぎたり、数が多くない筋腫粘膜下や子宮内膜に近い筋層内の筋腫制限なし制限なし制限なし大きさが3センチ以上10センチ以下で腹臥位(うつぶせ)で筋腫と腹壁の間に腸管を認めない筋腫
メリット・手術の傷が目立たない
・開腹より術後の回復が早い
・開腹より痛みが軽い
・子宮鏡下より適応が広い(出産経験なくても可能)
・おなかを切らない。
・術後の痛みが少ない
・入院期間が短い
・貧血に対する効果が大きい
・多発性や大きな筋腫でも安全に手術できる・多発性や大きな筋腫でも安全に手術できる
・核出術に比べ出血のリスク低い
・月経中でも治療可能
・手術に比べ、回復が早い
・子宮が温存できる。
・傷が残らない
・筋腫の数や場所を問わない
・保険治療でできる
・日帰り可能
・回復が早い
・子宮が温存できる
・傷がない
・体への負担が軽い
デメリット・開腹手術より手術時間がかかる・出産経験がある方に限られる
・摘出可能な腫瘍の大きさに限界がある
・二度に分け手術することがある
・他の疾患の同時治療ができない
・大きな傷が残る
・入院期間が長い
・出血のリスク大
・大きな傷が残る
・入院期間が長い
・妊娠できなくなる
・病変の組織検査ができない
・術後、一時的にある程度の痛みがある
・まれに月経がなくなることがある
・自費のため治療費が高い
・治療に時間がかかる
・手術・UAEに比べ効果が不確実
・病変の組織検査ができない
・国内症例が少なく、妊娠への影響が不明確
治療時間2時間1時間弱1~1.5時間1~1.5時間1~1.5時間3~5時間
再発の可能性あるあるあるない低いある
妊娠の希望×
子宮温存×
入院期間4日~1週間1泊2日~1週間~10日1週間~10日1泊2日~日帰り可能
休業期間目安(入院含む)2週間1週間3週間3週間4~5日1日
費用・健康保険適用×(自費治療48万円)

担当医師

担当医師

産婦人科          放射線科
 武市 和之         鴫原 武志
 髙梨子篤浩         菊池 賢
 飯澤 禎之
 滝口 薫
 鈴木 聡 (非常勤)
 矢澤 浩之(非常勤)

ページ上部へ戻る