日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度について

日本肝胆膵外科学会高度技能専門医制度 認定修練施設について

 日本肝胆膵外科学会の定める高度技能専門医制度において、認定修練施設(B)に認定されました。

  専門医や認定施設の検索は、 日本肝胆膵外科学会 のホームページから可能です。

高度技能専門医制度とは?

 日本肝胆膵外科学会では「高難度の手術をより安全かつ確実に行うことができる外科医師を育てる」ことを目的とした肝胆膵外科高度技能専門医制度が用いられています。 高い技術を持つ指導医のもと、認定を受けた施設で多くの経験を積み、高難度の手術を50例以上行った実績がある医師であることを表すものです。
 当院では、外科 天野医師が肝胆膵外科高度技能指導医の認定を受けています。

認定修練施設とは?

 高難度の肝胆膵手術が可能な外科医師を育成できる施設であると認められたことを表すものです。
 当院は、認定を受けた高度技能指導医や専門医による教育体制があること、年間30例以上の高難度手術の実績があることから認定修練施設(B)に認定されました。

ページ上部へ戻る