免疫療法は、免疫の力を利用しがん細胞を攻撃する治療法です。薬が直接がん細胞を攻撃するのではなく、薬によってもともと体に備わっている免疫機能を活性化させ、がん細胞を攻撃するように促します。これまで三大療法といわれていた手術療法・放射線療法・化学療法に続く、第四の治療法として期待されています。比較的新しい治療法ですが、近年の著しい研究開発によって効果の証明された治療は増えつつあります。従来の化学療法と比べ副作用は少ないと報告されていますが、個人差があります。当院では、専門の看護師や薬剤師を配置し副作用に十分に対応できる体制を整えております。

 

免疫チェックポイント阻害薬

 免疫チェックポイント阻害薬は免疫機能を活性化させる薬です。通常、がん細胞ができると体内では、キラーT細胞という免疫細胞ががんを攻撃します。しかし、がん細胞は攻撃されないように、免疫細胞にブレーキをかけるPD-L1という物質を作り出し細胞を守ります。そこで、阻害薬によりPD-L1との結合を阻害することで、活動が鈍っていたT細胞を回復・活性化させ、抗腫瘍効果をもたらします。