子宮筋腫の検査方法

子宮筋腫の検査方法は?

子宮新種の検査方法は、問診後それぞれの症状によっておもに次のような検査を行います。

検査内容について

1. 外診 下腹部にこぶや炎症がないかなどを確認します。
2. 内診 腟内とお腹の上に手をあて、子宮の大きさや形、表面の状態や硬さなどを調べます。また筋腫がある場合は、周囲との癒着を起こしていないかを調べます。
3. 超音波検査(エコー) 超音波を出す「(プローブ:探査子」という器具をおなかの表面にあてて、子宮や卵巣などの内臓にあたってはね返ってきた音波をモニターで画像として映し出します。また、経腟エコーといって、細く長いプローブを腟の中に入れて、中から超音波をあてて見ることもあります。
4. CT検査・MRI検査 まずCTで身体の断層の写真を撮り、必要に応じてMRIで検査します。筋腫の種類や大きさ、腫瘤の中の状態が詳しく分かります。
5. 細胞診 腟鏡診の時に綿棒で子宮頸部の表面をこすって細胞を取り、がんの心配がないかも併せて調べます。診察はすぐに終わり、痛みはありません。
6. 血液検査 ホルモンのバランスや貧血の有無を調べます。これにより異常があれば、精密検査を受けます。
  

 

ページ上部へ戻る