子宮筋腫とは

気づかない間に進行する子宮筋腫ってどんな病気でしょう?

子宮筋腫は、子宮の筋層の中にできた「筋腫の芽」が女性ホルモンの影響で大きくなった良性の腫瘍で、ガンではありません。
20代~50代の女性の4人に1人に筋腫があるといわれるほど一般的な病気です。
自覚症状が少ない人もいますが、できる場所や大きさによってはつらい症状が出たり、不妊や流産の原因になることもあります。

子宮筋腫の原因は?

まだ十分に解明されていませんが、女性ホルモンの一種・エストロゲンの影響であることが知られています。
初潮が早まり、出産回数が減った現在、エストロゲンの分泌期間が長くなり、筋腫の発生誘因は増えているといわれています。

子宮筋腫の種類は?

筋腫ができる部位によって、粘膜下筋腫、筋層内筋腫、漿膜(しょうまく)下筋腫、頸部筋腫の4つに分けられます。

  • 粘膜下筋腫(右図オレンジ色部分)
    子宮内膜の下にでき、こぶが子宮腔に飛び出して発達します。膣へ飛び出したり、茎ができてぶら下がるものもあります。月経痛がひどくなるなどの症状が起こります。
  • 筋層内筋腫(右図青色部分)
    子宮筋層の中にでき、最も発生頻度が高い筋腫。大きくなると生理の出血量過多や生理痛がひどくなるなどの症状が現れます。
  • 漿膜下筋腫(右図赤色部分)
    子宮の外側に飛び出すタイプです。お腹の中はスペースが広いため自覚症状が起こりにくい筋腫です。茎ができるものもあります。
  • 頸部筋腫(右図緑色部分)
    宮の膣への出口付近にこぶができる筋腫。出口は狭いため、生理痛の原因になる場合もあり、前方を圧迫すると頻尿になります。

 

ページ上部へ戻る