UAE

~切らない/メスを使わない子宮筋腫の治療~

子宮動脈塞栓術とは?(UAE:uterine artery embolization)



 子宮筋腫は、主として子宮動脈という血管から血液供給を受けて増大していきます。子宮筋腫は筋腫が増大し周囲が圧迫されることによる腰痛や頻尿のほか、最も多いものが過多月経で、血の固まりがたくさん出たり、貧血をおこしたり、めまいやだるさ、動悸(心臓がドキドキする)といった症状がみられます。UAEは、その子宮筋腫への血流を遮断することで筋腫を壊死に陥らせる治療法です。一旦壊死に陥った筋腫は変性し縮小していき、筋腫により生じた症状が緩和されていきます。
 子宮動脈塞栓術に使用する器具は、直径約1.7mm程度の細長いチューブを使用します。そのため、ほとんど体を傷つけずに治療する事ができます。このチューブを右足の付け根から挿入し、X線で観察しながら筋腫を栄養している子宮動脈まで進めます(図)。チューブからゼリー状の詰めものを流し、子宮動脈を詰まらせることにより、子宮筋腫は栄養を絶たれて小さくなり始めます。1年後には元のサイズ30~40%ぐらいになります。UAEは再発が非常に少なく、外科的手術に比べて身体の回復が早く、傷も残りません。子宮を温存したままで、症状の消失や改善が期待できる治療法です。

UAEの手技について

<実際の症例>

術前

術後(約1年後)

 手技に要する時間は全体で約1時間程度です。針を刺してから抜くまでは約30分程度です。終了後は5時間安静にし、その後は歩行も食事もできます。お腹を切らないため、UAE後に体に残るのは右足付け根の小さな傷のみです。

UAE後について

 UAE後は子宮の血流が減少するため、しばらくお腹の痛みがあります。そのため痛み止めのお薬で痛みのコントロールをします。短期間(当院では通常4日間あるいは5日間)の入院後、通常の日常生活に戻れます。

UAEの効果

 UAE後に栄養を絶たれた子宮筋腫はしだいに小さくなり、筋腫の体積は1年で30~40%程度にまで縮小します。月経に伴う症状は、数ヶ月で多くの方が改善します。圧迫症状も数ヶ月~ 1 年程度で多くの方が改善します。

UAEの利点

 UAE は全身麻酔ではなく、局所麻酔で行います。UAEの手技時間は比較的短く、外科的手術に比べてリスクが比較的少ないです。短期間(当院では通常4日間あるいは5日間)の入院後、通常の日常生活に戻れます。UAE後に体に残る傷は、右足付け根の小さな傷のみです。

UAEの欠点

 病変の組織検査ができない事です。また、一時的ですが術後にお腹の痛みの強い方がいます。

UAEの適応

 月経過多とこれに伴う貧血、月経困難症、慢性骨盤痛や腰背部痛、膀胱や直腸の圧迫症状などの閉経前子宮筋腫による症状があり、外科的治療を希望しない場合は良い適応になります。

適応疾患

子宮粘膜下筋腫

 子宮の内側に突出する筋腫です。過多月経を起こすことが多いのが特徴です。

子宮頚部筋腫

 子宮の下部に発生する筋腫です。外科的手術で、難航したり、尿管や膀胱や直腸を傷つけたりするリスクがあります。

多発性筋腫

 子宮に多発する筋腫ができます。外科的手術が困難な場合、UAEでそれぞれの筋腫に対して効果が期待できます。
 UAEは筋腫の発生部位や個数に関係なく効果が期待できます。

子宮腺筋症

 子宮筋腫ほどの効果は期待できませんが、最近の報告では子宮腺筋症に対しても一定の効果があると考えられています。

適応症状

手術既往のある方

 以前の腹部の手術により癒着が予想される場合、摘出手術で難航する場合があります。(癒着がある場合での開腹手術は、尿管、膀胱、直腸などの骨盤臓器を傷つける危険性もあります)

子宮筋腫と症状との関係が不明な方

 症状が典型的でなく、摘出手術で症状の改善が確約できない場合、外科的手術は消極的になります。UAEも効果があるかわかりませんが、やり直しのきかない子宮摘出術とは違うので安心です。

その他ご要望

 お腹を切りたくない方、子宮を温存したい方、UAE はいわゆる外科的手術ではなく、お腹を切る必要がありません。子宮を温存することができます。

宗教上の理由

 輸血の可能性はまずありません。

費用について

 ※UAE は保険適用となり、自己負担が大幅に軽減されました。
 UAEは新しい治療のため長らく自己負担でしたが、2014年1月から塞栓物質であるエンボスフィアという薬剤が保険収載されました。それに伴い保険適用で治療を行っています。

FAQ

Q:UAEは月経中でもできますか?
A:UAEは月経中でもできます。

Q:UAE後に月経がなくなってしまうことがありますか?
A:卵巣機能の低下によりUAE後には生理、月経がなくなってしまうことがあります。 44歳以下での卵巣機能低下はまれで1%未満といわれています。45 歳以上の場合UAE後に5-10%の方が閉経が早まるか、そのまま閉経になることがあります。 またまれに子宮内膜が癒着を起こすことがあります。

Q:UAE後に妊娠・出産できますか?
A:UAE後に妊娠し出産したことは報告されていますが、UAEは将来の妊娠・出産を確実に保障するものではありません。

Q:子宮腺筋症にも有効ですか?
A:子宮筋腫ほどの効果は期待できませんが、最近の報告では子宮腺筋症に対しても一定の効果があると考えられています。

Q:UAEは保険が利きますか?
A:UAEは新しい治療のため長らく自己負担でしたが2014年1月から塞栓物質であるエンボスフィアが保険収載されました。 ただし塞栓物質の使用に関して厚生労働省の依頼により学会が定めた術者要件、施設要件、子宮筋腫に対する実地要件を満たすことが前提となります。 当会津中央病院ではこの要件を満たしており、保険適用となります。

ページ上部へ戻る