子宮全摘術

子宮全摘術

治療法の特長

核出術に比べて出血のリスクが低い治療法です。
再発の心配がありません。
生理がなくなります。(更年期になるわけではありません)
子宮癌の心配がなくなります。

治療可能な筋腫

適応になる筋腫

 全ての筋腫

適応になりにくい筋腫

 なし

FAQ

Q:ほかの疾患がある場合には?
A:卵巣腫瘍の摘出・核出、卵管周囲癒着の剥離、子宮内膜症焼灼などの手術を同時に行えます。

Q:再発の可能性は?
A:ありません。

Q:将来、妊娠・出産は可能?
A:妊娠はできません。(避妊は不要となります)

Q:費用はどのくらいかかる?保険は適用される?
A:保険適応です。
  費用は10日間入院としてお問い合わせください。

Q:入院期間、術後のスケジュールは?
A:入院は1週間~10日間。
  2週間程度の自宅療養をお勧めしますが1週間後からでもからでも勤務可能です。

ページ上部へ戻る