日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録データを用いた臨床研究について

日本外傷データバンクへの外傷患者登録と登録データを用いた臨床研究について

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究の対象者は、全国の救急医療施設に搬入(受診・入院)され、重傷外傷を有する患者様です。趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

研究目的・方法

研究では、外傷診療に関わるデータを全国の医療施設(主に救命救急センター)から収集し、各医療施設の診療の質評価や、診療行為の効果を評価するための分析を行います。日本救急医学会と日本外傷学会が日本外傷データバンクとして全国規模で広く集積することで、各施設における外傷診療のデータを全国データと比較することにより各参加施設における診療の現状を明らかにし、診療の質向上に寄与することを目的とします。


方法 本研究の対象となるのは、全国の救急医療施設を受診され、重症外傷(6段階の重症度スコアで3以上)を有する患者様です。個人を特定できる情報を除外した形で、受傷原因、受傷時の血圧、病院での処置・治療内容、入院日数、死亡の有無など診療に関するデータを登録します。登録はインターネットを用いた入力により行います。

研究期間

研究実施期間は、会津中央病院倫理委員会承認後から令和5年3月までの予定です。

外部への試料・情報の提供

データセンターへのデータの提供は、個人が特定できる情報(氏名、住所、生年月日など)は除外した形でデータ収集し特定の関係者以外がアクセスできない状態で行います。日本外傷データバンクはデータベース用のサーバー管理を、プライバシーマーク取得を業者に委託しています。受託業者は適切にデータベースおよびデータを管理する旨を契約書に記載し、データ取り扱いについて適時日本外傷データバンクが監督しています。

お問い合わせ先

本研究に関するご質問等がありましたら下記の連絡先までお問い合わせ下さい。また、試料・情報が当該研究に用いられることについて患者様もしくは患者様の代理人の方にご了承いただけない場合には研究対象としませんので、下記の連絡先までお申出ください。その場合でも患者様に不利益が生じることはありません。なお、データバンクへの登録後でも、お申し出によりそれ以降の分析から個人データを除外することは可能ですが、お申し出時点より前の分析および発表済みの研究結果からの削除は出来ない場合がありますので、ご承知下さいますようお願いいたします。

照会先および研究への利用を拒否する場合の連絡先

当院研究責任者

会津中央病院 救命救急センター センター長 小林 辰輔

住所: 〒965-8611 福島県会津若松市鶴賀町1-1

電話:0242-25-1515(代表)

ページ上部へ戻る