外科

外科 診療担当表

診療時間 午前:8:30 ~ 12:00 午後:15:00 ~ 17:00

受付
午 前島貫 公義井上 典夫島貫 公義島貫 公義井上 典夫井上 典夫 /
秋丸 琥甫
(第2・4)
菊池 智宏交 替交 替岡本 浩和入江 利幸島貫 公義
午 後井上 典夫天野 穂高
(井上 典夫)
島貫 公義
(天野 穂高)
菊池 智宏井上 典夫井上 典夫
(入江 利幸)交 替交 替/
竹之下 誠一
(第2)
※完全予約制
柴田 昌彦(岡本 浩和)交 替

主な特色

 当科では一般・消化器外科(外科外来)、肝胆膵外科(肝胆膵外科外来)、内分泌・乳腺外科(内分泌外科外来、甲状腺外来、乳腺外来)、化学療法・緩和ケアを担当しています。

一般・消化器外科

 ヘルニアや体表のしこり、肛門疾患、外科的治療が必要な脾臓の疾患などを扱います。
 消化器病センターや救命センターと連携し、消化管疾患、黄疸をきたす疾患、腸閉塞、腸捻転と呼ばれる病気、腹膜炎をきたす病気、急激な腹痛をきたし緊急手術が必要な急性腹症と呼ばれるものなどの診察・治療を行います。内視鏡(腹腔鏡・胸腔鏡)を用いた食道・胃疾患、大腸疾患、腸閉塞などの手術のほか、消化器悪性疾患に対しては消化器科、放射線科と連携し、いろいろな手法の組み合わせによる集学的治療を施行しています。

肝胆膵外科

 当科では肝臓・胆嚢・胆道・膵臓疾患を専門として、診療・治療を行います。
 胆嚢疾患、胆石・総胆管結石、膵臓疾患の治療のほか、消化器科や放射線科との連携による悪性腫瘍の早期発見・治療にも力を入れております。特に膵臓がんにおいては、抗がん剤治療と放射線治療より腫瘍を小さくしてから手術を行うことで、長期生存に成功してきました。

内分泌・乳腺外科

 甲状腺、副甲状腺、副腎疾患、乳腺疾患の他、くびや胸のしこり、内分泌機能の異常などを扱います。
 乳がんは1次から2次検診を担当しており、マンモグラフィ、マンモトームによる検査、各種画像診断による精密検査を行い、縮小・温存療法、形成外科との連携による再建手術などを施行しています。

化学療法・緩和ケア

 外来での化学療法(抗癌剤投与治療)や外来緩和ケア、人工肛門などのストマケア、術後の外来栄養指導を施行し、消化器科疾患、乳腺・内分泌疾患に関するセカンドオピニオンの相談にも対応致します。

主な疾患

悪性(癌など)、良性の腫瘍性病変 食道疾患(悪性、良性疾患) 胃疾患(悪性、良性疾患) 結腸・大腸・直腸(悪性、良性疾患) 肛門・肛門管(悪性、良性疾患) 小腸疾患 肝臓・肝内胆管、総胆管(悪性、良性疾患) 胆嚢(悪性、良性疾患) 膵臓(悪性、良性疾患) 乳腺疾患(悪性、癌、良性疾患線維腫、乳腺炎、など 乳癌検診) 甲状腺疾患(悪性、癌、良性疾患、バセドウ病など) 副腎疾患(悪性、良性疾患) 食道炎、胃食道逆流症、食道潰瘍、アカラシア、食道穿孔 胃潰瘍・十二指腸潰瘍、消化性潰瘍の外科的治療が必要なもの 虫垂炎 そけいヘルニア 大腿ヘルニア 腹壁ヘルニア 臍ヘルニア その他のヘルニア クローン病 潰瘍性大腸炎 胆石症 胆管結石 胆嚢炎 急性腹症、腹膜炎、腸閉塞、腸の血行障害、腸の憩室性疾患 過敏性腸疾患、腸の機能低下(便秘、性能性下痢) 肛門疾患(裂肛、痔核、痔瘻、肛門部の腫瘍) 肛門脱 直腸脱

その他の情報

午前の診察は原則として予約制ですが、予約なしの方・急患等についても対応致します

緩和ケア相談外来  第2・4土曜日 午前-島貫医師(常勤)

第2・4土曜日 午前-秋丸医師(非常勤)

第2水曜日 午後-福島県立医科大学 竹之下誠一教授(完全予約制)

毎週木曜日 午後-福島県立医科大学 柴田 昌彦教授(完全予約制)

お問い合わせは、ダイヤルイン 0242-25-1645まで

日本外科学会 指定関連施設、日本肝胆膵外科学会 修練施設B、日本乳癌学会 関連施設

ページ上部へ戻る